2017年2月21日火曜日

一日一食主義で思考がクリアに

星野リゾートの星野佳路さんはここ数年1日1食を貫いているのだそうです。
 
そういう私も以前15年間ほど一日一食主義を実践していました。

現在は結婚してから一日二食(昼なし)になってしまいましたが。

私が一日一食を実行しようと思ったのは、

・ 私の周りに一日一食の人がいた → この人は健康で元気だった。
・ そして人伝いに一食しか食わない人がいると聞き、その人たちも
    元気だと聞いた。
・ 中デブだった方が、一日一食を実行してから体重がグングンと
   減って、適正な体重になってからは増えも減りもせず、体調も
    健康的でよくなった。
・ 一日一食でも人間は元気よく生きられるのか、試してみたかった。
  
その結果、一日一食を始める決意をした

とは言え、突然一日一食を行うのは無謀である。
目標を達成するには緻密は計算と大胆な計画が必要だ。

手始めに深夜0時から17時までは何も口にしない。

ただし、水は飲んでもよく、生命の危機を感じた時は
砂糖を舐めてもよいという決まりにした。

その代り、17時から0時までは何を食べてもよいというルールを
もうけた、、間食もあり。

案の定、始め頃は空腹感と飢餓感に襲われて、17時になるのが、
まるで恋人を待つように待ち遠しくて待ち遠しくて、17時になるやいなや
何でも食いまくった。   

しかし、週間目あたりから飢餓感収まり、逆に空腹感が心地よく
なってきたのだ。

そして、始めた頃の食生活の乱れもなくなってきて、規則正しい食事
内容に生活スタイルが変わってきた。

体重も特に変わらず、続けていたトレーニングも普通こなすことが
できるし、体調も良好でしたよ。

特に一日一食にしてから風邪をひかなくなった。

私は以前、年に2、3回は風邪をひいていた人間だと考えると、この
効果は私にとってみれば、とても有益なことである。

風邪をひいていたころは、総合サプリを飲んでいたんだけどね(笑)


星野佳路「1日1食主義で思考がクリアに」
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO12350870R30C17A1000000?channel=DF140920160927

 ~~~~~~~ これより転載 ~~~~~~~~~~~~~

 食事は1日1食、夕食だけにしています。年齢とともに、基礎代謝は
落ちてくる。

ベストな体重を維持するには、食べる量を減らすしかない。
そう考えて、40代で朝食をやめ、50代になる頃には昼食もやめました。

1日1食なので、量はとくに制限せず、好きなものを好きなだけ、
バランス良く食べます。甘いデザートも食べますし、お酒も飲みます。
ただ、体質的に量はそれほど飲みませんね。


■1日3食は食べ過ぎで内臓を疲れさせる?
1日1食にしてから、体重が落ち、血圧も下がりました。

それ以前は上の血圧(収縮期血圧)は高血圧の領域に入る145
程度でしたが、今は120台、高くても130台でコントロールできており、
まったく問題ありません。コレステロール値も改善しています。

空腹の状態が長く続き、そこへカロリーをとると消化吸収のスピード
が早くなって太りやすいという話を聞くことがあります。

それはその通りなのかもしれませんが、言い換えれば、朝・昼・夜と
3食食べていると、消化吸収の効率が落ちていると考えることもでき
ます。

3食食べてそのたびに消化吸収しなければならない状態は、内臓を
疲れさせるようにも思えます。だから私は、1日3食は食べ過ぎで、
むしろ1食の方が内臓の働きにとってもいいと信じています。

消化吸収の効率が高まって太ることを気にするよりも、1日の総摂取
カロリーを減らすことの方が大事だと思うんです。


~~~~~~~~ 転載ここまで ~~~~~~~~~~~

私も星野さんの意見にまったく賛同します。

ただ、1日1がいいと言うよりも、いかに内臓に休息を与え
内臓が元気に回復する時間をもたせてあげるかが大切だと、
実践してみて感じました。

だから、日2食でもいいし、3食でもいい。

内臓を過労させ、回復できないくらいに、こき使わない食の
内容とバランスを心がけることに気をつければ何だっていい

やはり、腹七分目が基本ですね。

皆さまのご健康をお祈りいたします。 

2017年2月20日月曜日

肩こりは万病のもと

2月とは思えない暖かい気持ち悪い妖気が漂う

急に温度が上がったり下がったりとおかしな天候が
続きますね

患者さんも風邪をひいたりと体調をくずしている方が
多いです。

自律神経の乱されるようなこと間違いないでしょう。

こういう日は急激に気が上昇して頭がぼーっとしたり
肩が凝ったり、頚がいたくなったりもする。

こんな日には神経が過敏になって「しびれ」などが強くなったり、
神経痛を併発する患者さんもいます 。


なかなかいい記事ですよ。
 ↓
御自分の健康ために皆さんぜひ読んで見てください。
参考になりますよ
 ↓
 腕のしびれは危険信号 危ない「首こり」対策
 http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK0302I_T00C13A4000000?channel=DF140920160919&page=2

~~~~~~~これより転載~~~~~~~~~~~~~~~

 首が凝る、痛い、寝違えた……。よくある症状だけど、
なかには手脚のしびれや痛みまで伴う危険な首こりも。
あなたのその首の悩み、大丈夫ですか? 一番の原因は、
やはり悪い姿勢。簡単にできて効果抜群のストレッチ、
首にやさしい枕の工夫も紹介します。

 http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK0302I_T00C13A4000000?channel=DF140920160919&page=2


~~~~~~~~~転載ここまで~~~~~~~~

皆さまのご健康をお祈りいたします。

2017年2月19日日曜日

プラネットアースⅡ、見忘れた!!

楽しみに楽しみに楽しみにしていたプラネットアースの
第3集を見忘れ、ショック状態から抜けきれず精神的な
昏睡状態に襲われてしまった。

圧巻なハイビジョンで撮影された雄大な自然、美しい
地球という生命体な中で生きる厳しい掟。

生きとし生けるものの神秘な姿が映像を通して描かれる
感動的な番組、プラネットアース。

それを見逃したなんて(悲)

受信料をふんだくっておいて、くだらない番組ばかり
制作しているNHKで唯一素晴らしい番組である。

それにしも最近のNHKの番組はひどいものが多い。

くだらないお笑いやバラエティー化した番組は民法
に任せて、硬質で高質な賢い大人を唸らせる番組を
見せて欲しいのは私だけでしょうか?

大衆化なぞしなくてもいいので良質なドキュメンタリー
やジャーナリスト魂に燃えた権力に媚びないニュース
などの番組をお願いしたいものだが、、

あ〜、なぜかNHKに対する不平不満になってしまった。

さて、プラネットアースⅡの3集の再放送は
2017年2月22日(水)午前0時40分〜1時29分ですので、
見忘れた方は忘れずに!!

みなさものご健康をお祈り申し上げます(笑笑)











2017年2月18日土曜日

耳掃除はいらない?

昨日は季節ハズレのポカポカ陽気。

土曜日の今日は平年並み?かどうなのか、
グッと寒くなり、気温差も手伝ってか、
やたら寒く感じられましたね。

仕事も明日は休診。

身体をしっかり休め一週間の疲れを癒すことができます。

心も体もリラックスできますね。

ところで、休みの日はよく奥さんが耳掃除をしてくれます。

耳掃除はなんとも心地よく気持ちがいいのだ。

だが、耳掃除のやりすぎは良くないなんても言われてます。

本当でしょうか?

なんと、2017年1月にアメリカの耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が
耳掃除は不要という見解を発表したそうです!!

「「耳掃除いらない説」医師&イヤホンメーカーの意見は」
http://news.goo.ne.jp/article/r25/life/r25-20170215-00055566.html

〜〜〜〜〜〜〜 これより転載 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●本当に耳掃除はダメ? 医師の答えはやはり…


「習慣的な耳掃除は必要ありません。3カ月に1回程度、もしくは、
『耳が聞こえづらい』と思った時にするぐらいで十分です。

そもそも『耳垢』は、外から入ったホコリをキャッチしたり、皮膚
を刺激から守ってくれたりと、私たちの耳に必要なものなんですよ。

さらに私たちの耳は、毛が穴の外側に向かって生えていて、ある程
度耳垢が溜まったら、耳の外に出す機能が備わっているんです。

気持ちいいからといって綿棒や耳かきで無理やり耳垢を取り除いて
しまうと、徐々にその機能が衰えてしまいます」

でも、どうしても耳掃除したい時ってあるじゃないですか。
そんな時はどうすれば?

「やはり耳鼻科に来ていただくのが一番安全ですね。

ただ、毎回そういうわけにもいかないとは思いますので、
タオルやティッシュなどを指先に当て、指の先が入る
ところまでをササッと拭くといいですよ

〜〜〜〜〜〜〜〜 転載ここまで 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私の恍惚なる至福の耳掃除の時間が、、、

以前は常識的にやっていたものが、どんどん非常識に
なっていくね。

形成外科でも傷口に消毒をしなくなっているし
医療界も熱は下げるな、下痢は止めるな、、、と、

コペルニクス的転回のごとく、物事の方向性が180度
どんどん変化していく。

今までやってきたことはなんだったんでしょうか(笑)

これからも頭を柔軟にしておき、固定概念に囚われることなく
執着せず、どんな変化に対しても、いつでも対応できるように
心がげ、楽しくハッピーに暮らしていきましょう。

皆様の健康を心よりお祈りいたします。



2017年2月17日金曜日

春一番の救い犬、あたたかニュース

早々と強い温風が吹きあれる
春一番のごあいさつ

強風のため、治療院に来院される患者さまの足元が大変です。

 治療院の玄関を開ける否や患者が叫ばれます。

「強~~~い風、吹き飛ばされそうにになりました」

お年寄りの方は強風で転倒し、骨折してしまう危険性が
ありますからね。

以前、私の知り合いの方も風で吹き飛ばされ、大腿骨頚部を
骨折してしまった方がいますので、みなさん気を付けてくださいね。

そんな吹き荒れる春一番の温かい風だより

 「犬の忠ちゃん 用水路転落男性救う」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33

~~~~~~~~~~ここから転載~~~~~~~~

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。
橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。ぐいぐいと用水路まで
引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、
水面に男性の口元が。呼吸の音だった。

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。
「人が落ちてるの。死にそうなの」。大声に、近くの同じ会社に勤務する
井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)
=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。

~~~~~~~~~転載ここまで~~~~~~~~~~~

暗いニュースが吹き荒れる中、ほのぼのとしたニュースは
気持ちが穏やかになりますね。

こころが穏やかになると、自律神経のバランスが整い
体調もよくなり元気になります。

健康のため、暗いニュースは心乱されるので、なるべく見ない、
聞かないようにいたしましょう。

皆さまの健康を心よりお祈りいたします

2017年2月16日木曜日

医師ら3人逮捕、アホです

いつになくひどい事件が多い世の中

医療業界でショッキングな事件が起きた。

医師が10代の女性に性的暴行をくえたってどういうこと?

「10代女性に集団で性的暴行加えた疑い、医師ら3人逮捕」

~~~~~~これより転載~~~~~~~~~~

 医師の男2人と大学の医学部生の男が、10代の女性に
無理やり酒を飲ませて酔わせた上、集団で性的暴行を
加えたとして、逮捕されました。

~~~~~~~転載ここまで ~~~~~~~

開いた口がとじません(悲)
同じ医療人として情けない、怒りよりも脱力感に襲われる。

医師としての責任がないのか。

生命に対して真剣に向き合っている人たちの
行動なのか。

真面目に仕事をしている人たちのいい迷惑だ。

いったい何を信じ、何を学んできたのか、この医師たちは。

もはやこの医師たちにとっては、
人は物であり機械であり規格品(ロボット)でしかない。

単なる欲望をみたし利用する手段でしかない。

普段から診療も診断も人ではなく物質を診ているだけなのだろう。

だからこそ、あんな事件が起こせるのだ。

人と人の関係性を重視し誠実に治療する、
相手の気持ちにたって診断し治療し施術する。

自分自身もまた人間性を高め、
人を人として癒していける治療者になりたいものだ。

また、医療の現場を離れても立派な人格を築いていく決意を
新たにもたらされた。


すばらしい景色で心を浄化しましょう(笑笑)

 https://www.youtube.com/watch?v=7x7Kw2JewF0



2017年2月15日水曜日

ガッテン 骨ホルモン

ガッテンを鑑賞。
番組は骨ホルモン、オステオカルシンのお話

骨にはオステオカルシンというホルモンがある。

このオステオカルシン、今までは骨を形成する骨芽細胞
ぐらいにしか認識されていなっかたのだが、実は、体の
他の臓器にも相当影響を及ぼしているホルモンでもある
とわかってきた。

今では、肺と胃を除いては、
脳、肝臓、膵臓、腎臓、精巣、皮膚、腸と
あらゆるところの働きに関与している。

その働きは、血糖値を下げ、インスリンの分泌を
促進し筋肉に糖の吸収を促す。

他にも認知症にも効果があり各種の臓器と相互に
関係し助けあっているのである。

つまり、骨は単なる体を支え支持するだけの役割ではなく、
体を活性化して代謝を促す内分泌系の臓器でもある。

逆に骨粗鬆症になってくると、骨折しやすいだけでなく、
体全体に悪影響を及ぼすのである

ガッテンの実験ではオステオカルシンが少ない人は
糖尿病に関係あるHbA1cも高くなっていた。
但し、骨密度が正常であってもオステオカルシンが
高いとは限らない。


=番組で紹介していた骨を強くする簡単な方法=

まず、かかとを上げ、つま先立ちになります。

そこから、かかとに刺激が行くように、
ドスンとかかとをおろします。


だいたい、1日30回を目安に行います。


人間ジャンプして着地した時は体重の4倍の重さがかかる
そうですが、このかかとを落とす運動だけでも3倍の重み
がかかるそうです。

要するに、そこそこの重力をかけないと骨が強くなって来ない
ということですね。

ちなみに、HbA1cが高っかった人たちの値が低くなり、
オステオカルシンの血中濃度が上がっていました。

普段の運動に、番組で紹介した方法を取り入れるのも
良いかもね。

もちろん元気な人はジャンプしてドスンとかかとを
つけるトレーニングも取り入れるとより効果的ですね。

私も明日から取り入れようと思います。